vio脱毛 大阪

MENU

サロンで使用するジェルとは?

お店で脱毛する時、事前にジェルを塗ることがあります。冷たくてちょっと苦手、と感じる方もいるこのジェルですが、光脱毛器による火傷や痛みの軽減のために使われているものなのです。サロンで行われる脱毛では高熱の光を使って毛根にダメージを与えます。この時、

 

 

肌が乾燥していると痛みを感じやすくなります


し、きちんと水分を与えて冷やしておかないと軽い火傷の状態になってしまうこともあるので、その予防のためにもジェルは必要です。

ジェル使用と不使用の違いは?

このように、ジェルを塗ってから施術するタイプの機械ですと、

 

 

  • 肌の負担を軽減するため
  • 痛みをなるべく抑えて効果をしっかり発揮させるため

にジェルを使用しているということを知っておきましょう。ジェルが冷たいのも

 

 

しっかりと肌を冷やすためなので仕方のないことなんですね。


では、ジェルを使わなくても脱毛できる機械にはどんな違いがあるのでしょうか?

ジェルを使用しない代替ケア方法

ジェルを使わない脱毛機器の中には、光を照射する部分に同時冷却機能が付いていて、前もって冷す必要がないものもあります。これなら照射する数秒前だけ冷たさを感じる程度ですから、ジェルの冷たさが苦手な方でも安心です。

 

他にもジェルではなく熱を冷ます時に使用するアイスノンのような冷却パックで冷やしておく方法もありますが、肌の冷え方はその方の肌の状態や体温・気温によっても変わってくるので、肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。

 

ジェルを使わないタイプの機械ですと

 

 

  • 施術前にジェルを塗る時間
  • 施術後に拭き取るための時間

が不要になる分、全体的にかかる時間が短くて済むのも特徴です。


また、最近では熱を加えることによって抑毛効果のあるジェルを毛穴の奥まで届ける、そんな仕組みの脱毛機器も出てきました。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンのように肌に良いとされる成分を含むジェルを使用しているサロンもありますから、肌の状態に不安がある方はジェルを塗るタイプの機械の方が向いているかも知れません。