vio脱毛 大阪

MENU

脱毛と皮膚の角質の関係について

脱毛をしようと思っている人の中には、皮膚へのトラブルが気になるという人も多いはずです。皮膚が傷つくというのは、皮膚の表面の角質が関係しています。脱毛には、皮膚の角質の関係がとても深く関わってきます。

 

 

ここでは脱毛による皮膚と角質の関係についてみてみましょう。


自己処理での脱毛は、安価で手軽なので誰しもが経験有りともいえますね。しかし、自己処理でのデメリットは角質を傷つけやすいことです。お風呂場での自己処理は、肌がぬれていてふやけています。ぬれている上体は角質が傷つきやすく、肌をいためる原因になります。

 

 

同時にボディーソープをつけての除毛や何もつけないで剃るのはNGです。


皮膚を同時にこすってしまう原因になりますので、必ずシェービングクリームをつけましょう。皮膚に特殊なジェルを添付、布を当てて引き抜くワックス脱毛ですが、この剥がす工程では、ムダ毛と共に角質も綺麗に出来るといわれています。

古い角質を除去するって?

古くなった皮膚も一緒に取り除けば、肌がつるつる、透明感がアップします。ただし、間違った方法は角質を傷つけてしまうので、プロによる脱毛が一番です。サロンでの脱毛は角質ケアできることから人気となっていますし、

 

 

サロンでの脱毛は、お肌を綺麗にする効果があります。


くすみ改善、毛穴を引き締める作用があるため、肌がつるつるになりやすいです。この効果を最大限に発揮するためには、肌が綺麗な状態であることが求められます。事前に古い角質を落としてから光脱毛をすると、栄養成分が行き届きやすく、

 

 

肌が綺麗になりやすいといわれています。


脱毛をするにあたって、肌の角質を傷つけてしまう可能性があります。自己処理で肌がかさかさしやすいのはこのためで、間違った処理方法は肌に負担を掛けがちです。

 

サロンやクリニックは、プロの手による脱毛方法なので、角質を傷つけずに脱毛することが可能ですし、それだけではなく、ケアをすることも出来るので、最大限に生かしてお肌を守るべきでしょう。